尿漏れは病院で治療ができる|安心できる病院の選び方

尿トラブルの種類

看護師

腹圧性尿失禁

尿漏れは、日常生活の中でふとした動作を起こした時に感じることが多いです。咳やくしゃみをした弾みで起きたり、大笑いした時、運動をしている時や重いものを持った時、階段を上り下りした時などです。尿漏れは腹部に力が入って圧力がかかると膀胱の中溜まっている尿が漏れてしまいます。骨盤周辺の筋肉が衰えたり、尿道を支える組織がゆるくなることが考えられます。尿漏れは、出産の関係で骨盤周辺の筋肉が弱まりやすい女性に多く、成人女性であれば4人に1人は尿トラブルを抱えていると言われますが閉経になる40代から50代になると3人に1人に増えると言われます。年齢を重ねれば尿漏れのリスクも高まり、治療には骨盤の筋力トレーニングや薬物治療、外科手術が行われます。

症状に合った方法を選ぶ

尿漏れの症状にも程度があるので、それに合わせた治療を選びます。ちょっとしたはずみで漏れてしまうようであれば、その頻度がたまにという程度の場合骨盤周辺の筋肉を鍛える治療や薬物療法が用いられます。頻度が多い場合や薬物療法や筋力トレーニングなどをしても症状がなかなか改善されない場合は、手術する方法もあります。手術は、専用の器具を挿入することで尿道を支えて補強するというものです。また、膀胱に尿が溜まっていなくても膀胱が敏感に反応して尿漏れが起きることもあります。水分の調整や、膀胱に尿を溜める訓練なども行われることがあります。何が原因でどんな症状があるのかをしっかりと確認して、自分自身で排尿の記録をつけることも治療に役立ちます。