尿漏れは病院で治療ができる|安心できる病院の選び方

病院に相談しましょう

頭を押さえる人

尿漏れを頻繁に起こすようになってしまうと、日常生活を送る上でも支障をきたしてしまう事があります。ですから、尿漏れが気になりだしたらすぐにでも病院に行って、最善の治療をお医者さんに行ってもらうようにしましょう。

More Detail

尿トラブルの種類

看護師

尿漏れの治療には、骨盤周辺の筋肉のトレーニングや薬物治療の他にも外科手術があります。軽度であれば筋肉トレーニングや薬物療法、重度であったり症状がなかなか改善されないのであれば手術するなど症状の程度に合わせた治療法を行っていきます。

More Detail

加齢による症状への対策

聴診器とキーボード

近年開発された方法

年齢を重ねると体の機能が衰え、何らかの症状が出やすくなるケースもあります。そうして起こる例の1つに尿漏れが挙げられます。尿漏れは本人の意図しないタイミングでの排尿現象が起きる事を指しており、主なタイプに腹圧型と切迫型という分類が挙げられます。腹圧型は腹部における圧力変化によって尿漏れが起こりやすくなる状態、切迫型は神経伝達の狂いによって起こる状態を、それぞれ指しています。現在ではこれらの症状に対する治療方法も開発される様になっています。重たい腹圧型に対して行われる治療として、TVTやTOTと呼ばれる手術法が挙げられます。これらは尿道に対して安全なテープを使って補強する事で、腹圧による刺激での尿漏れを起こりづらくする対策とされています。これらは近年、保険適用もされる様になり、治療の浸透による患者の負担減が期待されています。一方の切迫型に対しては、抗コリン薬などに代表される、膀胱の過剰な活動を抑える薬による療法が一般的とされています。

日常での対策

こうした治療方法がある尿漏れですが、日常でも出来る限り対処する事が重要とも言われています。特に近年では男女や年代問わず起こりやすくなっており、まずは早期受診で自分の症状が腹圧型・切迫型いずれのタイプなのかを把握する事が重要とされます。その上で腹圧型の原因として多く挙げられる、尿道を支える周辺筋力の衰えに対しては、日常でのトレーニングも有効となっています。1例としては仰向けに寝転がった状態で膝を曲げた標準姿勢から、数秒ごとに腹部や肛門をゆっくり緊張・弛緩させる動作を繰り返す運動が知られています。また切迫型の対策として、水分摂取のペースを見直す事も重要とされます。切迫型の場合、膀胱にたまった尿の量が僅かでも強い尿意を感じる確率が高いため、1度に多くの水分を摂り過ぎない様にする事も必要とされています。

尿の漏れを改善させる方法

病院

尿漏れに悩む人に朗報です。最近の医療技術では尿漏れをレーザー治療で改善するという方法があります。この方法ですと、女性特有の尿漏れ対策にとても高い効果を得ることが出来ます。

More Detail